Python入門 足し算、引き算、掛け算、割り算

パソコン

今日は足し算、引き算、掛け算、割り算です。

GoogleColabを開きます。

最初の練習問題

一つ100円のももを5つ、一つ40円のみかんを8つ買いました。全部でいくらになったでしょう?

100×5+40×8 ですね。

ということは

print(100×5+40×8)

実行したらエラーがでました。×が四角で囲まれています。

そうか、乗算は* だった。

print(100*5+40*8)

今度は820と正しい答えがでました。

print()もいらないみたいです。100*5+40*8です。(100*5)+(40*8)でもよいです。

計算式のまとめ

足し算 a+b
引き算 a-b
かけ算 ab 割り算 a/b 余り a%b べき乗 a*b
負の値は、数字の前に -(マイナス)記号

1.5のような実数は、普通に . をつける
実数は浮動小数点数(floating point number) という形式で、float型という

float型! そもそも実数という言葉すら長いこと忘れていました。

私の数学は中学校で止まっているので、余りやべき乗などはわからないわけではないですが、苦手です。

次は//

/ でなく、// 記号で除算すると、結果は小数点以下を切り捨てた整数値になります。// を使った除算を、 整数除算 といいます。

整数除算(3 // 2)では、小数点以下を切り捨てて 1 になります。float型同士の整数除算でも、小数点以下は切り捨てになります。 通常の除算 3.0 / 2.0 は 1.5 になりますが、整数除算の場合は 1.0になります。

ややっこしい。

練習問題の2

太郎くんは、一つ100円のももを5つ、一つ40円のみかんを8つ、80円のなしを5つ、60円のキウイを10、 90円のスイカを20、110円のかきを10買いました。全部でいくらになったでしょう?

こうかな。

100*5+40*8+80*5+60*10+90*20+110*10

スイカが安い。

実行すると、4720 となります。

コメントを書く

コメントを書くには、# 記号。# からその行の終わりまでは コメント となり、どんなことを書いても、Pythonから無視される。

1 + 2 # ここはコメント

さて、次は。

関数だそうです。難しくなりそうなので一休み。

ここまではスムーズにきました。でも、少しもPythonを覚えた気になりません。計算機代わりになることはわかりましたが、計算機として使うことはないだろうと思います。おそらく。プログラムを作って行くようになれば、こうした知識が生きてくるんだろうなあ、と漠然と思うだけです。これからどうなることやら。


GoogleColabでPythonのコードを実行してみる←このページ→Python入門 変数と代入

総目次のページPythonに手を出してみた>このページ

タイトルとURLをコピーしました